自分の長所が分からない人へ|長所・強みの確実な見つけ方を3つ紹介!

 

あなたは今、「自分の長所が分からない…」「自分の強みって何だろう…」と悩んでいませんか?

もしかしたら就職活動で自己分析をしなければいけないけれど、長所が分からなくてなんて言えばよいか分からない…、普段から自分に自信が持てず自分の悪いとこばかり見ている…なんて人もいるかもしれません。

 

わたしは普段から自分の悪いところばかりを見て、自分を責めていました。

人間誰しも良いところはあるんです。

でも、周りと比べて、自分の短所ばかりを見てしまう。

だから、就活でいきなり自分の長所を見つけようと思ってもなかなか思いつかないんです。

 

自分の長所を見つけることができると、確実にあなたの人生は生きやすくなります。

だって自分に自信が持てるから

 

ということで、今回は自分の長所や強みが分からないというあなたに、確実に長所を見つける方法を3つご紹介したいと思います。

わたしはこの方法で自分の強みを理解し、自分に自信が持てるようになりました。

ぜひあなたもこの記事で紹介する方法を試し、明日から自信を持って生きていけるようになってください!

自分の長所が分からない原因

まずは、あなたがなぜ自分の長所を見つけることができないのか、原因をいくつか挙げてみたいと思います。

原因を知ることで、もしあなたが生きづらさを感じているのなら、それを解決することにもつながります。

悲観的にならず、「自分もそうかも」「自分はそう考えて過ごしていたのか」とできるだけ客観的に自分を見つめてくださいね。

①自分の欠点ばかり見るから(自分に自信がないから)

自分の長所が分からない原因で、まず考えられるのは「自分の欠点ばかり見るから」ではないでしょうか。

あなたは「短所はなんですか?」と聞かれたら、いくつも自分の短所を思い浮かべられると思います。

多くの日本人は謙虚なんです。

その謙虚さが消極的にもなり、「自分なんか…」「あの人の方が…」と自分の良くない部分ばかりを見るようになります。

 

そうすると、どんどん自分の悪い部分や「自分はダメな人間だ」という思考が脳に刷り込まれ、自分に自信がなくなっていきます。

自己否定というやつですね。

自己否定ばかりしていると自信喪失して、ネガティブ人間になってしまいます。

そして、生きる意味も分からなくなって…

 

と、まあどんどん悪い方向に行くわけです。

これって、人生良くなると思いますか?

絶対よくならないですよね。

 

あなたは自分に自信を持つことができていますか?

自分の欠点ばかり見ていませんか?

しっかり今回お話しする長所の見つけ方を実践し、自分に自信を持ってくださいね。

 

②他人軸で生きているから

自分の長所が分からない原因は、あなたが「他人軸で生きているから」かもしれません。

他人軸の反対は「自分軸」ですが、どれだけの日本人が自分軸で生きることができているでしょうか?

あなたも自分の長所が分からないと悩んでいる時点で、自分軸ではなく他人軸で生きているのです。

他人軸は、簡単に言ってしまえば、人と比べたり、世間体を気にしたりする生き方とも言えます。

 

これもまた、日本人であるからこそ人と比べたり、世間体を気にしたりして生きるようになっているのですが、まずはそれに気づいてください。

 

わたしたちは小学生の頃から集団行動を強制させられてきました。

周りと違う行動をとることは「悪」、みんなと同じであることが「善」のような風潮がありますよね?

もちろん法を犯すなどはしてはいけません。

でも、周りと比べて、自分を卑下するのは違うはずです。

 

 

あなたは人の長所と自分の短所を比べてはいませんか?

十人十色。

誰一人として同じ人間はいないのです。

人によって長所も違うし、短所も違う。

 

例えば、Aさんはクラスのみんなをまとめるのが得意かもしれない。

そして、あなたはみんなをまとめることは苦手でも、計画することが得意かもしれない。

Aさんとあなたがタッグを組んだら、クラスで文化祭を成功させることができるでしょう。

そうやって、みんなが自分の長所を活かし、補い合いながら協力することで、世の中や組織は成長し、より良くなっていくと、わたしは信じています(笑)

 

だから、自分の長所が分からないと悩んでいるあなたは、周りと比べたり、世間体を基準にするのではなく、自分軸で、自分の長所を活かして生きていきましょう!

 

③夢や目標がないから(成長しようとしていないから)

自分の長所が分からない原因として、「夢や目標がないから(成長しようとしていないから)」というのも考えられるかもしれません。

一見、「え?どういうこと?」と思われるかもしれませんが、人間は夢や目標を持って生きることで充実した日々を送ることができます。

 

例えば、夢や目標もなくお金のために働き、趣味も特にないAさん。それに対して、起業するのが夢で仕事や勉強を頑張るBさん。

わたしもAさんは状態でしたが(多くの人がそうかも…)、Aさんの場合はとりあえず毎日仕事に行き、業務をこなし、寝るために家に帰る日々。「今週はあと何日…」と毎日数え、日曜日はサザエさん症候群。「こんな大人になりたい!」と思う子供がいるでしょうか?

それに比べて、Bさんは仕事も頑張るし、自発的な勉強などもしていて日々充実しているでしょう。

 

 

このように人は夢や目標を持って頑張っているときが一番輝いているのです。

そして、頑張っている人は自分の長所にも気づきやすいのです。

先ほどの例でいうと、Bさんの場合は「一つの分野を徹底的に調べ尽くすのが得意かも」とか「やりたいことを全部目標日までに終えられるし計画性があるかも」など、自分の得意なことが自分で分かりますよね。

しかし、Aさんのように頑張っていることがないと、そもそも自分の長所を発揮する機会がないので、自分の長所や得意なことなんて見えないのです。

 

今頑張ってることがない、夢や目標がない、というあなたは、ぜひこの機会に人生で何をやり遂げたいのかを考えてみてくださいね。

 

④「長所」を特別なものだと思っているから

もしかしたら自分の長所が分からない原因は、あなたが「長所」というものを特別なものだと思っているからかもしれません。

長所というと、人より特段優れたもの、人より秀でた能力、他の人は持っていないけど自分は持っているもののような、なんだかとても特別なものだと考えていませんか?

 

長所というのは、自分の中で優れているもの、得意なことです。

人と比べるものではないのです。

長所を探すときは、基準を他人や世間一般にして考えてはいけないんです。

 

あなたが普段から自然とできている行動や考え方、それがあなたの長所なのです。

他の人と比べず、自分のことだけを見つめることであなたは自分の長所を見つけることができるはずです。

 

 

さて、ここまで自分の長所が分からない原因を4つほど挙げてみました。

挙げればもっとたくさんありますが、大きく分けてこのあたりになるかと思います。

この中にあなたも何かしら当てはまったのではないでしょうか?

 

それでは、ここからは自分の長所を見つけるための方法をお話しします。

あなたもこれを実際にやっていただければ、確実に自分の長所を知ることができます。

そして、自分に自信が持てるようになりますよ^^

自分の長所の確実な見つけ方

今回は自分の長所を確実に見つけるために3つの方法をご紹介します。

ぜひ、3つとも全部やって多方面から自分のことを理解してあげてくださいね。

 

自分の長所を見つける方法
①身近な人の長所を書き出してみる

②客観的なツールを利用する

③友人に聞いてみる

 

①身近な人の長所を書き出してみる

「相手の言動は、自分の映し鏡」とよく言われますよね。

仲の良い友人、いつも身近にいる人の良いところを紙に書き出してみて下さい。

それは、その人の長所であり、あなたの長所でもあります。

 

いつも一緒にいる友人というのは、どこかしら自分と似ているものです。

引き寄せの法則と同じ原理ですね。

クラスで派手なグループに一人だけ雰囲気の暗い地味な子が混じっているなんてことはほとんどありません。それを見かけたらぜひその子に声をかけて話を聞いてみてください。いじめられているかもしれません。

 

このように大体似たような性格だったり雰囲気の人たちが集まるようになっていますよね。

身近な友人の長所を挙げてみることで、あなたにも当てはめてみてください。

「友人はそうだけど、自分にはこんな長所ないよ…」と思うかもしれませんが、ぜひ自分にもこういう長所があるのだと受け入れてくださいね。

ネガティブな自分が嫌いで疲れた人が確実に生きやすくなるたった一つの秘密

②客観的なツールを利用する

今回最もおすすめしたいのが、客観的なツールを利用することです。

就職活動の際に、就活サイトで自己分析をした方も多いのではないでしょうか?

もちろんそのように無料でできるツールもあります。

無料でわたしが参考になったと思うもの以下に載せておきます。

特におすすめはエムグラムです。

エムグラムは105問の質問に答えると自分の主な8つの性格を診断してくれます。

また、いくつか詳しく説明もしてくれるので参考になります。

正直無料でここまで診断して教えてくれるのはすごいなと思いました。

一番手軽にできるのはエニアグラムです。

90問の質問にチェックするだけで簡単に診断が出ます。

リクナビ診断と適職診断MATCHはそれぞれリクナビとマイナビに会員登録が必要ですが、診断のために登録するという軽い気持ちでやっちゃっていいと思います。

 

 

そして有料で自分を理解できるツールもあります。

特にわたしが実際にやってみて感動したのがギャラップ社の「ストレングスファインダー」です。

「ストレングスファインダー」は34の資質から自分の5つの強みが診断されます。

そして、ストレングスファインダーのスゴイところは、「自分にはどういう資質があるか」だけではなく「どう活かせばよいか」も細かく教えてくれるんです。

また、同じ資質を持っていても、人はそれぞれ性質が違います。‟自分”に特化した診断結果も出るので、「完全に自分だ…」と驚愕すること間違いなしです。

 

ストレングスファインダーは書籍購入して診断することができるもので、残念ながら無料でやることはできません。

しかし、自分だけの診断結果がこれだけ細かく分かるというのは、ストレングスファインダーだけと言えるでしょう。自分の長所を知りたいなら、やらない手はないです!

③友人に聞いてみる

そして、親しいご友人にぜひ「私の長所は何だと思う?」と聞いてみてください。

いきなり改まって聞くのは少し恥ずかしいかもしれませんが、自分の長所が分からなくて悩んでることを相談して聞いてみるのもアリなのではないでしょうか?

親しくしているということは、あなたはそのご友人の前では‟素の自分”でいることができていると思います。

確実にあなた本来の良さがそのご友人の前では発揮されているはずです。

 

わたしも実際親友に聞いてみましたが、ストレングスファインダーとリンクすることやその他嬉しいことも聞けました。

あなたの親友も必ずあなたの良さを分かっているはずですよ。

ぜひ勇気を出して聞いてみてくださいね。

まとめ:自分の長所が分からない原因と確実な見つけ方

基本的に謙虚な日本人ですから、多くの方が自分の長所よりも短所に目を向けてしまうのだと思います。

しかし、必ずだれにでも長所はあるし、その長所が発揮できる分野・環境でない場合は、あなたの長所が隠れてしまっているのかもしれません。

 

自己分析や自己理解というのは、就職活動や転職活動でのみすればよいというものではありません。

自分を理解していないと自分に合った環境や分野でもないのに、そのまま生きにくい人生を送ってしまうことになります。

ぜひ客観的なツールなどを利用して自分の長所を発見し、自信を持って生きていきたいですね。

 

まずは自己肯定感を高めよう

自分の長所を見つけるのも自分への自信に繋がりますが、どんな自分も丸ごと受け入れて許してあげることができれば、どんな状況でもあなたは確実に生きやすくなります

あなたが自分に自信が持てないのなら、まずは自己肯定感を高めませんか?

 

わたしが自己肯定感を上げるためにすごく役立ったと思う本がこちらです。

 

「たったの7日間(1週間)で本当に自己肯定感が上がるのか?」と疑ってしまいますが、わたしは1週間経った時、確実に心が軽くなるのを実感しました。

この本の良いところは、1日ごとに簡単なワークが用意されているので、毎日自分に向き合う時間ができます。

ぜひ毎日少しでも自分と真剣に向き合う時間を作ってみてくださいね。

 

あなたが明るく軽く前向きに生きやすい人生を歩めますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です