新卒がしんどい理由と5つの対処法|己を知り仕事からの支配とおさらばしよう

社会人(新卒)1年目って本当にしんどいですよね。

「仕事を辞めたい」という言葉で簡単に表現できるものでもない、胸が張り裂けそうな気持ち。

今回は、しんどいと思っている新卒の方が少しでも今の気持ちを楽にするために、

  • 新卒がしんどい時期
  • 新卒がしんどい理由
  • しんどいと感じている新卒がやるべきこと

を紹介したいと思います。

わたしは執筆している今現在、社会人2年目なのですが、社会人1年目を振り返ってみると、1か月目も3か月目も半年経ったときも、色んな時期に「しんどい、もう生きていきたくない」と常に涙が込み上げるほど辛かったです。

人間、生まれ持った特性があるので、新卒が全員わたしのような気持ちになるとは限りませんが、同じようにつらい思いを抱えている方もいるかと思います。

そのような方が、今のしんどい気持ちをどうすればよいのか、この記事を読んで少しでもその気持ちが楽になるよう祈っております。

スポンサーリンク

 

新卒がしんどい時期

今、しんどい思いをされているあなたは、入社してどのくらい経っているでしょうか?

「まだ入社して何か月なのに、こんな気持ちになってる自分が情けない…」

と思っている人もいるのではないかと思います。

最初に言っておきたいのは、そういう思いを抱えているのはあなただけではないということです。

少し検索してみればお分かりいただけると思いますが、新卒で「しんどい」「仕事辞めたい」と思っている人はかなりの数います。

ネット上に書き込んだりしていない人でも、同じようにしんどいと思っている人はたくさんいます。

そして、「まだ何か月(何日)しか経ってないのに…」と思う気持ちは痛いほどわかりますが、意外とあなたは頑張っている方かもしれませんよ?

参考までに、新卒でしんどいと思う時期はいつごろなのか簡単にご紹介します。

  • 1か月
  • 3か月
  • 半年
  • 1年

多くは、この時期だと考えられます。

しかし、残念ながら人によって、そして職場によってしんどい時期は違います。

あなたが「2か月目なのにしんどい」と思っていたとしても、それは何もおかしな話ではありませんし、「10か月目なのにしんどい」と思っていたとしても、あなたがしんどいと感じているのなら、それはしんどいのです。

世間一般で、「1か月目と3か月目はしんどいんだよ!」と言われていたとしても、そんなのはあまり関係ないのです。

逆に、「1か月目はしんどい」と世間では言われているから、「1か月目は絶対に乗りきらなきゃいけないんだ」という考えを持つ必要もないと思います。

あなたがその1か月で健康な身体でなくなってしまったら、意味がないのです。

「世間では1か月目はしんどいのが当たり前だから、自分もがんばらなきゃいけない」と1か月目をどうにか耐えて過ごしたら、あなたが壊れてしまった、ではもう遅いのです。

世間で言われている新卒がしんどい時期については、あくまで「そうなんだ」と軽く考えておいてください。

新卒がしんどい理由

では、新卒がしんどいのはなぜなのか、理由を考えてみたいと思います。

しんどい理由①新たな環境

まず、入社して一番最初にしんどいと思う理由としては、新たな環境だからです。

人間は新しい環境が苦手です。

できれば、慣れた環境で過ごしていたいですよね。

新卒は新たな職場、新たな人間関係、新しい仕事、なにもかもが新しい環境です。

入社したての頃は研修があると気が楽だったりしませんか?

研修は、同期と授業を受ける感覚で、ほとんど学生気分でいられるから気が楽なんですよね。

同期と初対面のときは緊張しますが、2日目以降からはもう知り合いですし、友達の感覚なのでそれだけで緊張がほぐれます。

配属された職場も、人の名前と顔を覚えてたり、人間関係がある程度構築されたりしてしまえば、少しは緊張感が弱まりますよね。

こういったことがあって新卒の1か月目はしんどいと言われているんです。

しんどい理由②気疲れ

新たな環境ということもあり、知らない人と接したり、新しいことを覚えたり、そもそも今までと違う建物(職場)だったりと、とにかく職場に居るだけで気疲れが半端ないですよね。

職業や会社によって違いますが、わたしは最初の1か月、半分は研修でしたが、そのほかの日は職場での勤務だったので、職場に出勤しました。

でも、研修でやったことを即実践するわけでもなく、とりあえず座っている状態でした。

とりあえず座っているわけですが、ぼーっとしているわけにもいかないじゃないですか。

研修のノートや資料を見ることくらいしかできませんし、「何かやることありますか」と聞いても、特にやれることがない。

「なにもやることがない、でもなにかしないといけない、やる気だけは見せないといけない」

この状況が本当に苦痛でしたね。

1日がとにかく長かったです。

頻繁にトイレに行けるわけでもないし(トイレ近いと思われちゃう)、トイレに行って少し気を休めても、そんなに長居できないし…。

入社1か月目のしんどさは新卒半年経ったときのしんどさとは別物ですね。

気疲れといえば、飲み会の場では年月が経っても気疲れします。

特に初期はもちろん半端なく気疲れしますが、ある程度人間関係を構築できたとしても、新人という立場であるからこそ酒をつぎに行かなきゃいけない…。(今調べたら、「つぎにいかなきゃいけない風習」はパワハラ?らしいですね。)

他にも、電話が鳴るたびにびくびくしませんか?

最初の1か月目は私の職場では「電話に出るな」と言われていたので、別に良かったのですが、電話に出てくれと言われてからはもうびくびくの毎日。

しかも職場に他の同期もいたので競争みたいになっていました。(お互い電話には出たくないのだけれど)

とにかく新卒は職場に居るだけで気疲れをするため、ものすごく精神がすり減りますよね。

しんどい理由③何をやっているのか分からない

自分が何をやっているのか分からないことってありませんか?

もしくは、この仕事がなんのためなのか分からないとか…。

例えば、電話対応なんかは、質問されても何も分からないし、そもそも何のことを質問しているのかもわからなくないですか?

用語も分からないし、電話は相手が取引先だった場合、会社名も聞き取れないし…。

1回聞き返すくらいなら相手も答えてくれますが、それ以上聞こうものなら怒鳴られるし…。

社会って怖いですよね(笑)

また、仕事を一から教えてくれるならまだ良いのですが、先輩方も仕事があるので、片手間に教えてくれるじゃないですか。

「これをこうして、こうやるんだよ」と教えてもらっても、「え、これはどの段階?」「今なにしてんの?」「どんなときにこれをやるんだ?」と自分が何をしているのか分からなくなります。

もちろん、こういうときは先輩に聞いてくださいね。

でも、新卒の初めの方なんて、聞いても聞いても常にこんな感じだったりします。

とにかく必死でメモることはしても、1回では覚えられないし…。

辛いですね。

同じような状況や同じ仕事が2回3回と回ってくればいいんですけどね。

とにかく仕事が分からない時期って本当にしんどいですよね。

しんどい理由④仕事ができない

何をやっているのか分からない、と同じようなものですが、とにかく新卒1年目は仕事ができないので辛いですよね。

アルバイトと違って仕事や覚えることが多すぎます。

1年経っても網羅することなんてできません。

今日覚えた仕事が明日も自分に回ってくるとも限りません。

1か月後かもしれないし、今年はもう同じ仕事をやらないかもしれません。

そんな仕事覚えていられるわけがないですよね。

容量の良い人の気持ちは分かりませんが、わたしは1回やっただけでは仕事を全く覚えられません。

だから仕事ができないんですよね…泣

そんな仕事も覚えられず、仕事ができない自分が情けなくてどうしようもなくなります。

「仕事ができなくて…」と誰かに相談したことがある人は分かると思いますが、「1年目は仕事ができなくて当り前だよ」と言われると思います。

それを受け入れられる人はなんとか前向きに頑張れると思いますが、わたしはそう言われてもしんどい気持ちは変わりませんでしたね…。

とにかく新卒は仕事ができなくてしんどいですよね。

しんどい理由⑤自尊心ズタボロ

最終的にはここに集約されそうですが、社会に出ると自尊心をズタボロにされるのでしんどくなってしまいます。

自分自身がそうだなと思うのですが、仕事ができない、仕事が覚えられない、そんな自分が情けない、聞けば「そんなの当り前でしょう?」と言われる、聞かないでやってみると怒られる…、もう完全に自分に自信がなくなっていきます。

そうです、自信が喪失してしまうのです。

個人差はあると思いますが、今まで普通くらいの学力で、高校も大学も行ったわたしからすれば、「自分は仕事ができる」とは全く思っていませんでしたが、こんなにも仕事ができないものだとも思っていなかったのです。

これほどまでにできない自分に完全に自尊心がズタボロになりましたね。

自尊心が失われてくると、生きている意味も分からなくなってくるし、インフルエンザになって仕事を休んでも、自分は一人と数えられていないので仕事は回るし、自分がいなくても世の中は変わらないし…みたいな考えになってくるんですよね。

本当につらいですよね。(今書きながら感情がよみがえってきて涙がこみ上げてきます(笑))

以下で、そんなしんどい新卒のあなたが、どうすれば今のそのしんどさを軽減できるのか考えてみました。

スポンサーリンク

 

しんどいと感じている新卒がやるべきこと

対処法①自分自身を理解する

自分はこういう人間だ、というのを客観的に知ることができれば最強です。

自分らしく働くことができれば、それほどしんどくはないはずなのです。

今しんどいのは自分に合っていないからです。

でも、きっと多くの人が(わたしもそうだったけど)、自分自分を理解していないはずです。

あなたがもし、「新卒1年目はつらいものだ、だから耐えるんだよ」という風に教えられていたとして、あなたがもう耐えられない状態なのだとしたら、“それが自分”なのです。

「みんな1年目を耐えて頑張るのに、耐えられない自分って本当にダメだな…なんで生きてるんだろ」

という考えをあなたは持っているかもしれないですが、「耐えられない自分」が自分なのです。

受け入れてあげましょうよ。

多くの”みんな”は1年目を頑張って耐えているとしても、彼らはあなたと全く同じようなしんどい気持ちではないかもしれない。

しんどい気持ちは人それぞれです。

言葉にするとみんな「しんどい」なのですが、その重さはあなた自身でしか分からないし、同じ重さの「しんどい」であってもそれを受け止める器も人それぞれなのです。

ある人は元々1ℓのしんどさを受け止めることができるかもしれないけど、あなたは100mlのしんどさしか受け止められないのかもしれない。

だから、人と比べなくていいんですよね。

みんなは頑張ってるのに…と自分を卑下する必要はないんです。

自分はもうしんどいのだと、それが自分なのだと認めてあげてください。

とはいえ、「これが自分か、自分って弱いんだな、はあ…」と結局気分が落ち込みますよね(笑)わかります。

わたしがおすすめなのは、客観的に自分を見てもらうことです。

その代表例が占いかなと思います。

わたし自身占いとか今まで全然したことがなくて、一度知り合いの方にしてもらったくらいです。

今どうするべきか悩んだ時に占いをして救われた話

そのとき初めて自分自身を客観的に知ることができて、かなり心が軽くなりました。

でも、お金を出してまで占ってもらうとかだと、一歩踏み出しにくいと思うので、個人的に最近やってみて自分自身を知るのに良い占いだなと思ったのが六龍法占いです。

生年月日を入力するだけで、自分の宿命開運方法を教えてくれるので、結果を見ると自分がどうすると生きやすいかが分かりますし、もしくは自分の宿命を知って「それに逆らってやる!」と意気込むこともできます。

占いは、それを知って自分がどう行動するかが重要ですからね。

生年月日を入力する以外に個人情報が漏れる心配もないので、本当にしんどい、自分ってダメな人間だ…と思っているのならぜひ試しにやってみてくださいね。損することは全くありません。

ということで、しんどい思いをしている新卒のあなたは、自分に自信がなくなっているはずなので、まずは自分を客観的に見て(見てもらって)、自分自身を理解すると生きやすくなると思います。

対処法②書き出してみる

そうはいっても、自分はこういう人間だと分かったところで、「今の状況がしんどいんだ!!もうとにかく今何とかしたい!」と思っている人が大半だと思います。

よく言われていることですが、まずは自分の思いやどんなことがしんどいと感じているのかを書き出してみましょう。

誰に見せるものでもないので、自由に書いていいのです。

  • あのゴリラに「何度言ったら分かるんだ!」と怒鳴られた、むかつく、しかもこれ初めて言われたけどな、何度も言われてないしな。
  • あの眼鏡に「なんでこれ先にやっておかないの!これが先でしょう!!」とか言われたけど知らないし、教えてくれよ、初めて見たよこの仕事。
  • 1週間前にやったことがあった仕事だけど、今日できなかった。なんで同じ仕事を覚えられないんだろう…自分ってダメだな…
  • あの雰囲気の職場に居ることが苦痛でしかない。

自分が何に対してしんどいと感じているのか、言語化することはとても大切です。

対処できるものなのか、対処しようと思えるものなのか、もう諦めるしかないのか。

もしかしたら、書き出す行為だけでスッキリする人もいるかもしれません。(わたしはそんなにスッキリしなかったですが)

でも、書き出してみると、なにがしんどいのか、どんなことが自分にとって合っていないのかが分かるので、今後の人生をどうすればよいのかもちょっとずつ見えてくるはずです。

とりあえず、紙やスマホのメモ機能にバーッと書き出してみてくださいね。

対処法③話せる人に相談しまくる

とにかく大事なのは、自分で溜め込まず、その気持ちを吐き出すことです。

同期や友人に話してみる、話せる先輩に話してみる、SNSで「しんどい…」と呟いてみるなど、できればいろんな人に話してみると良いです。

正論で返されることもあれば、心が軽くなるような意見をくれる人もいるでしょう。

同期なら共感し合えると思います。

ただ、わたしがそうだったのですが、同期に話すだけで他の人には相談しない、となるとあまり気持ちが軽くならないかもしれません。

お互い共感し合えるし、「自分だけが辛いんじゃない」と思うことはできますが、自分のしんどい気持ちは結局なくならないんですよね。

色んな価値観の人に意見をもらうことで、そういう考え方もあるんだな、そういう生き方もあるのか、と視野が広がると思います。

会社によっては、保健師さんがいる会社もあるかと思います。

少し調べて、電話などで相談出来たらしてみるといいですね。

一人で抱え込むとどんどん辛くなるので、どうにかしてその気持ちを吐き出しましょう。

対処法④勇気を出して親に話す

仕事を辞めたい、しんどい、と考えていても、なかなか言い出せないというのは、多くの人が思い悩むところだと思います。

特にネックになるのが『親』という存在ではないでしょうか?

わたしもそうだったのですが、上司に「仕事辞めます」と言う勇気はあったのですが(言ってないけど)、親に言う前にいきなり仕事を辞めたら、親がどんなに怒るか…と恐怖で言い出せませんでした。

家庭によると思いますが、やっぱりわたしたちは「親が絶対」と思いながら20年間生きてきたので、親が一番の恐怖なんですよね。(本当に家庭によると思いますが)

親が怖い、もしくは親を悲しませたくない、という思いが刷り込まれているので、とにかく何をするにも『親』なんですよね…。

親に言えればもう何も怖くありません。

本当に「しんどい」「明日が怖い」という状況なら、勇気をもって親に話してみたらいいんです。

親は我が子がかわいいので、我が子が幸せに生きることができればそれで充分なんです。(きっと)

親に真剣に「仕事がしんどい」と話せば、ひとり暮らしなら「じゃあ帰ってきなさい」と言ってくれるかもしれないし、「そんな仕事辞めてしまいなさい」と言ってくれるかもしれません。

真剣に自分の気持ちを話せば、親も分かってくれます。

死のうとするより「親に話す」って簡単なことですよね?

大丈夫です、親に言えれば上司なんて怖くありませんよ。

できれば今すぐにでもご両親に電話してみてくださいね。(実家暮らしなら、頑張って面と向かって話してみましょう。)

対処法⑤新たなことを始めるor趣味に没頭する

きっと今しんどい思いを抱えているあなたは、頭の中が「仕事しんどい、辞めたい」でいっぱいなのではないでしょうか?

とにかく『仕事』が頭を占めているんですよね。

仕事が終わっても明日が恐怖、寝るのも怖いし何をしていても怖い。

わたしがそうでした。

でも、わたしはある時”ブログ”に出会ったんですよね。

「3か月で仕事を辞めれるほど稼げるじゃん!」という考えで、迷わず取り組み始めました。

そのときは「今日帰ったら何書こう」など「仕事以外の思考」ができるようになったんです。

仕事でいっぱいだった頭の中が、他のことに取り組み始めるとそのことを考えるようになるので、かなり気持ちが軽くなります。

なので、仕事がしんどいと思っているあなたは頭の中が『仕事』で占めているため、何か他のことを始めたり、元々ある趣味に没頭したりすると良いです。

ただ、非現実世界(ディズニーとかライブとか)が趣味だと、心から楽しめなかったり、終わった後の仕事の恐怖が憑りついたままの可能性が高いです。

そこで、わたしのおすすめは『副業』です。

会社の規定で…というのは今は考えなくて良いです。

バレないようにする手段はありますし、いいとこ稼げるようになれば仕事を辞めて独立すればいいんです。

副業なら「早く稼げるようになって仕事を辞めてやる!」と考えることができるので、頭の中は『副業』のことでいっぱいになるはずです。

今のあなたは、とにかく『仕事』で頭がいっぱいなのです。

少しでも他のことを考えることができれば気持ちが楽になりますよ。

しんどくて今にも胸が張り裂けそうなら休職or退職

人に相談しても、趣味などに没頭しようとしてもどうしてもしんどいのなら、休職という手もあります。

「仕事を辞める」だけが手段ではありません。

福利厚生は会社によって異なるので一概にはいえませんが、休職中も給料が支給される会社もありますし、少し休ませてもらうのも良いと思います。

ちなみに私は休職しました。

休職中に転職活動すれば時間もあってやりやすいですし、復職することもできますので、いきなり会社を辞めて後先なくなるよりも、今の会社に所属したまま職場から少し離れてみるのがおすすめです。

普通に働いていると休職という手段があること自体に気が付きませんよね。(わたしは分かりませんでした。)

泣きながら(強要しているわけではありませんが)、上司に「少しお休みください」と言えば、休ませてもらうことはできます。

それもさせてもらえないような会社はブラック認定です!

その場合はもう辞めてしまえばいいのです!(笑)

ブラック企業なら速攻辞表を出してしまってもいいとわたしは思います。

頑張っている人たちに申し訳ないとか、まだ新卒だし…とか考えている場合ではありません。

今勤めている会社がブラックなのだとしたら、あなたの健康がいままさに蝕まれています。

健康な身体が一番の財産ですよ。

まだ新卒1年目なのに…という気持ちは痛いほどわかります。

1年目だからこその辛さですよね。

明日が怖くてしんどいのなら、休職という手もあるということも頭に入れておいていただければと思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

今、しんどい気持ちを抱えている新卒のあなたは、まずは自分を責めないで、認めてあげましょう。

しんどいものはしんどいのです。

あなたが耐えられないほど「しんどい」と感じているのですから、誰にもそれをあれこれ言われる筋合いはありません。

つらいときはつらいと言いましょう。

そして、ご両親に言ってみましょう。

勇気が必要かもしれませんが、その気持ちを抱えたまま1日1日生きるのは本当にしんどいはずです。

しんどいまま生きる必要はないし、誰も強要することはできません。

あなたにとって生きやすい生き方があるはずです

もちろん今の気持ちを乗り越えて頑張れたなら、あなたは成長でき、強くなるかもしれませんが、ここで休職をしようと退職をしようと、簡単に人生は終わりません。

もう少し頑張ってみようと思えるのなら、紙に書きだしたり、趣味に没頭したりしながら頭から『仕事』が占める割合を減らす。

もう本当に生きるのがしんどい、無理だ、という状況なら親や上司に言って、休職か退職をする。

大丈夫です、人生簡単に終わりませんから。

あなたが少しでも今の気持ちが楽になり、行動できるよう祈っております。

仕事辞めたい新卒に捧ぐ|まずは自分の常識を疑え!それは偏見の塊でしかない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です