【悲報】もしもアフィリエイトでサイト削除!トレンドブログのおすすめASPは?

恐怖のメールが届きました。

メールのタイトルは、

「【重要】ご登録頂きましたサイト削除のご報告(もしもアフィリエイト)」

こういうメール本当に怖いんですけど!!(汗)

でもまあ、しっかりメールの内容も拝読いたしましたよ。

そして私なりに対処しました…。

さて、今回はわたしのようにトレンドアフィリエイトに挑戦している方で、アドセンス以外のASPも取り入れようと考えている方同じように『もしもアフィリエイト』からサイト削除を食らった方のためにも、わたしの体験記として記録を残しておこうと思います。

最初に言っておきたいのが、規約やガイドラインはしっかり読むべき、ということです。

そして、自分のサイトはグレーゾーンなことをしていないか確認していただければと思います。

それでは、わたしの経験と教訓、そしてトレンドブログ実践者におすすめのASPやトレンドブログで気をつけることをまとめておきます。

※追記しました。

【悲報】もしもアフィリエイトでサイト削除された件

サイト削除のメールは突然やってきました。

1週間ほど前に登録したASP「もしもアフィリエイト」(「もしもさん」とお呼び致します。)から

【重要】

とタイトルについたメールが届きました。

【重要】ご登録頂きましたサイト削除のご報告(もしもアフィリエイト)

平素より、もしもアフィリエイトを
ご利用頂き誠にありがとうございます。
サポートデスク担当です。

大変恐縮ではございますが
過日もしもアフィリエイトに
ご登録頂きました下記サイトの
登録を削除させて頂きましたので
ご報告申し上げます。

・・・・・・・・・・・

えええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!

もしもさーーーーん!!!

と叫びたかったところを心の中で我慢いたしました。

ただ、「サイト削除」といっても、サイト自体が削除されたわけではなく、サイトはちゃんと存在しますよ。

もしもさんからサイト登録拒否を食らっただけです。(あ、そんなことは分かってるよね)

 

さて、このもしもさんからメールには、しっかりサイトの登録削除理由が記載されていました。

わたしの場合は、

「掲載許可があるのかが不明な芸能人画像の掲載。
また記事タイトル・記事本文で芸能人名に顧客誘引力を持たせて集客することはご遠慮いただいています。」

と記載されていました。

しかも、もしもさんはご丁寧に問題の原因となるページ(の例)のURLも載せてくださいました。

しかしですよ?

わたしの場合は、

「掲載許可があるのかが不明な芸能人画像の掲載。」

「記事タイトル・記事本文で芸能人名に顧客誘引力を持たせて集客」

この2点が問題なわけです。

わたしが悪いのですが、トレンドブログって芸能(エンタメ)ネタが多くなってしまうじゃないですか。

芸能人の名前をバンバン使って記事を作っちゃうじゃないですか。

わたしは今まで書いたほとんどの記事が芸能ネタだったわけです。

芸能人の画像を使う場合は画像の引用元が表記されていないと問題らしいのですが、そもそも引用元を表記しても掲載許可を得ていないわけですから、良くないですよね。

そして、「芸能人名で集客するな」ということですから、芸能ネタ自体アウトですよね。

もしもさんにトレンドブログを否定された気分でした( ゚Д゚)

まあわたしが悪かったですね。

はい、反省します。

そうはいっても、このままGoogleアドセンスオンリーでやっていくにはリスキーだし、もったいないので、わたしなりに対処しました。

以下で、わたしがしたことと、もしもアフィリエイトでサイト削除された時の一般的な対処手順をお話しします。

※対処について追記しました。

もしもアフィリエイトでサイト削除された時の対処手順

一般的な対処手順

まずは、一般的な手順をお話しします。

もしもアフィリエイトから「サイト削除」メールが来たら…
  1. 削除理由に従って該当箇所を訂正
  2. メールに返信

簡単ですね。

まずは、もしもさんから送られてきた残酷なサイト削除メールをしっかり読みます。

そこに記載されている

  • 『登録削除理由』
  • 『問題があると思われるページの例』

を確認し、問題があると思われるページの訂正や削除を行います。

もし、メールに『登録削除理由』や『問題があると思われるページの例』が記載されておらず、「原因がわかんねえ!!」という人は、怒っていても原因が分からないので、もしもアフィリエイトのガイドラインを読みましょう。

「いや、どれにも該当しねえよ!!」という人は、もしもさんに「サイト削除の理由が分かりません、教えてほしいよお~~」と問い合わせてみてください。(もう少し丁寧にネ)

もしもアフィリエイトお問い合わせフォーム

お問い合わせフォームでなくても、メールに返信する形でも良いかもしれませんね。

問い合わせると、早い場合は翌営業日に返信メールがくるそうです。

さて、サイト削除理由が分かったら、該当する記事やサイトの訂正、もしくは記事の削除を行いましょう。

わたしの場合は、画像の削除や引用元の表記などをすればよいと思われますね。

訂正が終わったら、もしもさんから送られてきた恐怖のサイト削除メールに返信しましょう。

もしもさんから送られてきたメールには、このように記載されていますからね。

※サイトの内容をご検討いただき、修正をしていただいた場合、
このメールの返信という形でお知らせいただければ
 個別に確認をし、登録の復活を行うことが可能です。
 こちらからお送りしたメール内容を引用して、
 修正の旨、お知らせください。

訂正した旨をメールで返信すると、(基本)翌営業日にはサイト復活の連絡が来るはずです。

一件落着。

ということで、おさらいです。

もしもさんからサイト削除のメールが来たら、

  1. まずは怒らず、深呼吸
  2. メールをよく読む
  3. 削除理由を確認し、該当箇所を訂正する(原因が分からない場合は問い合わせる)
  4. 訂正した旨をメールで返信する

この手順で行いましょう。

ちなみに、もしもさんの対応は迅速だと評判ですよ^^

追記:マジで対応が早かった!返信メールをして、30分後にメール来た!!(平日の15時ごろメールしました。)

わたしがしたこと

ここまで、もしもさんから「サイト削除」を食らった場合の一般的な対処手順をお話ししましたが、わたしはこれをしていません。※結局、修正して返信メールもして、サイト登録も復活していただきました…!

それはなぜか?

諦めたからです(笑)

だって今までの記事が100%とはいかないけど、ほとんど芸能ネタで、芸能人の名前で集客していたんだもん!!( `ー´)ノ

ということで、わたしはもしもさんを諦めたのです。

ちなみに、わたしは今までGoogleアドセンスオンリーでトレンドアフィリエイトのブログを運営していたので、ASPはもしもさんしか導入していませんでした。(アドセンス以外で)

もしもさんが初ASPです。(アドセンス以外で)

もしもさんを諦めたのでアドセンスオンリーに戻ってしまいました。

アドセンスだけではもったいないし、リスキーなのでとりあえずなんかのASP入れたい!と思い、ひとまず『楽天アフィリエイト』に登録することにしました。

本当は『A8.net』などの『もしもアフィリエイト』と同じようなASPが良いと思われますが、「とりあえず…」ということで『楽天アフィリエイト』にしてみました!(笑)

もしもさん、さようなら…

追記:もしもさん復縁ありがとう♡

トレンドブログでおすすめのASP

今まで作成したほとんどの記事が芸能ネタだよ…(´・ω・`)

という人におすすめのASPを紹介します。(Googleアドセンスは前提です。

  • A8.net
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazonアソシエイト

一旦こんなところでしょうか(汗)

ただ、Amazonアソシエイトは審査が厳しめで、わたしは『もしもアフィリエイト』からのAmazon申請も落とされました(笑)

Amazonアソシエイトに直接申し込んでも今のままだと落とされますね…。

【重要】トレンドブログで気をつけること

今回の件で、かなり反省したのは、肖像権や著作権をしっかり意識しなければいけないということです。

多くのトレンドサイトなどでは、芸能人の画像を使っていますが、そのすべてが許可を取っているとは言えないでしょう。

わたしもそのうちの一人になっていたわけですが、「みんなやってるから」という理由では説明がつきません。

みんながやっていたとしてもルール違反はルール違反ですよね。

肖像権や著作権侵害禁止は『もしもアフィリエイト』に限った話ではなく、どのASP、もっと言えばGoogleも言っていることです。

トレンドブログでエンタメ系の記事を書くときは、画像や動画などの取り扱いには十分注意して、慎重に行いましょう。

「危険かな」と思ったら、使用しない、ネタにしない、という意識の方が良いと思います。

また、ガイドラインや規約はしっかり読む必要がありますね。(どんなときも…)

この段階で、改めて肖像権や著作権の意識をし直すことができたのは、とても良い機会となりました。

今までの危ない記事を全部修正したら、またもしもさんに連絡してみようと思います。

みなさんもサイトがバンされることがないよう、安全にサイト運営していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です